<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
花開くハーブ
シルバーリーフ

シルバーリーフコーナーのラベンダーが咲いています。
落ち着きのある葉の色は飽きません。

セージの花

セージは満開。いまが一番きれいです。

ローズゼラニウム

今朝、ゼラニウムが今年初めの花を開きました。
これはローズゼラニウム。暑い時期に作るフレーバーウォーターが大好きです。

カレンデュラ (マリーゴールド)

カレンデュラも次々花開いています。用途が多いので、こまめに収穫。
魅力的な星型の花、ボリジ
星型の花、ボリジ

ボリジの花が次々と開いてきました。
昨年のこぼれ種で育ったボリジです。

ボリジは横にもどんどん広がって大きくなるので周りのハーブとのバランスをみながら剪定するのですが、それを花瓶に挿しておいたら、固い蕾だったものが今朝花を咲かせていました。

うつむき加減で咲きますが、毎日覗き込んで眺めてしまいます。
この星型の青い花には、なんだか不思議な力と魅力があります。
露と太陽


先日の朝、庭に出るとハーブの葉にきれいな露が。
少し雨が降ったのかな?気づかなかった。



先日、ある写真家が苦労しながら熱心に朝露を撮影する姿をテレビで見ていたこともあって、
感激してしまいました。



朝露の感じと、雨あがりの感じでは、
伝わってくる緊張感のようなものが全然違いますが・・・。



それでも、透明できらきらしていてきれいです。



だいちゃんは、うとうとしながら日向ぼっこ。

最近急に寒くなったけど、
日中の太陽の暖かさが気持ちのいい季節です。
赤紫蘇入手
赤紫蘇

父に赤紫蘇なしのジュースを作ったという話をしていたら、田舎から赤紫蘇を山ほど持って来てくれた。ありがたい・・・忙しいところありがとう。

この量を無駄にせず使いきるのは大変だぞ。
酷暑が過ぎて、庭の手入れ
青紫蘇

今年は青紫蘇が庭のあちこちで茂ったので、また紫蘇ジュースを作りました。
赤紫蘇が入っていないと、香りも少し違うし、色も地味ですが、それでもとても美味しいです。

一日が終わりゆく夕方に飲むと、昼間の疲れが癒されます。

ウインターサボリーとラムズイヤーとヒソップ

今年の夏は、どのハーブも元気に育ってくれました。
これから徐々に地上部が枯れてゆくハーブもありますが、また来年元気に芽を出してくれるかな?と、秋の気配を感じて随分気の早いことを考えてしまいました。
あ、でもこの画像に映っているハーブはほとんど常緑だ。

数日前急に涼しくなり始めたので、それまでサボりがちだった庭の手入れをして、今日はあちこち筋肉痛です。
きゅうり
きゅうり

庭のきゅうりは、もう終わり。

今年育てた「味さんご」は、歯ごたえがしっかりしていて、ほんのり甘みを感じるきゅうりでした。
美味しく楽しませてもらいましたよ、ありがとう。

それにしても暑さが厳しいですね。


いちごはどうしてこんなに可愛い姿をしているんだ・・・。
収穫は明日までがまん (そわそわ)。



タイムも次々に花を咲かせています。
これはオレンジバルサム・タイム。



地味〜に日に日に黄色くなっている、クラスペディアのアップ。

2か月前のハーブ画像を整理していたら、あれっ?こんなに小さかったかな?と、その変化に思わずにやにやしてしまいました。
ハーブの様子
サントリナ

サントリナの蕾が膨らみ始めました。
シルバーリーフがきれいです。

ウインターサボリー

ウインターサボリーはわさわさ増殖中。
昨夜はこれをブーケガルニに使って、ポトフを作りました。

ロケットサラダ

ルッコラの花。
種子が欲しくて花芽を切らずに育てています。
ハーブ


ドワーフコンフリー。
植物が必要とする栄養が豊富なコンフリーは、肥料用に植えてあります。



地下茎でどんどん増殖中のペパーミント。
目覚め


冬の間、じーっと成長を止めていたハーブが、少しずつ、少しずつ、活動を始めました。

その小さな変化を見つけるのが、毎日の楽しみです。
眺め始めるときりがありませんね。



苗も出回り始めて、楽しい季節です。
今年はハーブ以外のお花もいくつか植えました。



ラベンダーの蕾が膨らみ始めています。