<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
アロマテラピー − バジル
今朝は随分早く目覚めてしまいました。

すっきりとした目覚めのハーブティーを頂きつつ、前エントリー『アロマセラピー占星術』−双子座で登場した「バジル」について、少しご紹介してみようと思います。

バジルは、アーユルヴェーダでもよく使われてきた植物で、ドーシャへの影響は、「ヴァータ」と「カパ」を沈静化すると考えられます。
ちょうど今はカパの季節ですから、アーユルヴェーダ的観点からは、季節的にもお勧めできる精油の1つです。

インドでは、クリシュナ神(インド神話に登場する英雄)がいつもバジルの花飾りを首につけていたと言われていますし、また、クリシュナ神とビシュヌー神に捧げられていたことなどからも、インドでは聖なる植物の1つになっています。

また古代ギリシャでは、王家など貴人の香水や薬に使われ、「王様のハーブ」と呼ばれていました。

バジルの精油は、感情への影響力が強く、恐怖や悲しみに襲われたときには強力な回復剤になるといわれます。
また、集中力をアップさせる働きがあるので、勉強や仕事のときにも使えます。
他に心への影響としては、自律神経のバランスをとったり、頭をすっきりしてくれます。

前エントリーで「肺の感染症や喘息の治療に役立ちます」とご紹介したとおり、呼吸器系の痛みを和らげる他、筋肉や関節の痛みや、頭痛を和らげます。

虫刺されのかゆみや痛みにも効果があるので、バジルの葉を揉んで虫刺されの患部に当てても効果が期待できますよ。

バジルは1年草ですが、トマト料理やサラダによく合うので、育てている方も多いかもしれませんね。脇芽をからどんどん増えてくれるので、育ててみるのも楽しい植物です。
インフルエンザとアロマテラピー
最新の『Aromatherapy Environment』に、インフルエンザとアロマテラピーに関わる特集が組まれていました。その中に、抗菌アロマテラピーの研究を行う井上重治先生の対談があり、とても参考になったので、少しご紹介したいと思います。

精油はバクテリアに対して弱く、真菌に対しては強い。そしてウイルスに対してはさらに桁違いに強くなるので、精油に効力がある可能性が高いそうです。

紹介されていた方法と精油は、以下の通りです。

◆方法
・マスクに1滴つける。
・足浴(体を温めて免疫力をアップさせる)
・芳香浴(エアコンの前などに置き、空気の流れに乗せる)

◆有効である可能性のある精油
・アルデヒト系
 レモングラス、シソ、メリッサ
・アルコール系
 ユーカリラジアタ、パルマローザ、ティートリー
・免疫を上げるための精油
 オレンジ、レモン、パイン、サイプレス、シベリアモミ

なお井上先生は最後に、「アロマテラピーは基本的には補助療法なので、精油単独でインフルエンザが治ると錯覚しないことを望みます」と締めくくられています。

Aromatherapy Environment No.54
石けんの試作中に
パトリシア・デーヴィスのサトル・アロマテラピー―エッセンシャルオイルを使ったスピリチュアルな癒し
パトリシア・デーヴィスのサトル・アロマテラピー―エッセンシャルオイルを使ったスピリチュアルな癒し
パトリシア デーヴィス

「こんな石けんを作りたい」と思い立ってレシピ作りをし、試作を繰り返し、「よし!」と納得がいくまでに何ヶ月も要することがあります。

そんなとき、努めて様々な文献を読むようにしています。
その中で思わぬヒントを得たり、植物の新たな側面を発見したり、ハッと閃く場合があるからです。

今読み返している本は、アロマ界の重鎮 パトリシア・デーヴィス氏の『サトル・アロマテラピー』。
これは、エネルギー体、心、魂に影響を与えるために、波動的特性を利用するアロマテラピーです。

アロマテラピーは、物理特性や成分などによって説明される文献は多いですが、こうした波動や魂に言及された書籍もまた参考になります。

精油を扱っていると、何か物理的な説明だけでは物足りない、もっと特別なエネルギーを感じることがあります。
だから、こうしたものへの配慮をも大切にしたいと常々思っています。

植物には命があり、自らを守り、過酷な環境でも成長し伸びようとします。
そうした姿自体に感動を覚えますが、その中に詰まっているものは、けして物理的な成分だけではなく、何か目的を持ったエネルギーがあるとしか思えないのですよね。

だから、そうした素晴らしい力を少しでも大切に生かしたいと、精油や植物のオイルを扱う者の1人として、責任を感じます。
そして精油の1滴1滴に詰め込まれた植物の力を、けして無駄にせず、花開かせたいと心から願っています。

さて。レシピ作り頑張るか。