<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
『アロマセラピー占星術』−山羊座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

『アロマセラピー占星術』から各星座を少しずつご紹介していますが、山羊座だけまだだったので、山羊座の月ではありませんがご紹介しますね。
山羊座の人たちは、目的を達成するためには労を惜しまず、ひとつの目標から次の目標へと着実に歩みを進めますが、その一方、非常に大きな予期せぬ躍動をするかもしれないのです。

彼らは几帳面で細部の注意を払うあまり、ごく小さな矛盾点を、その状況全体からはまったく不釣合いなほど心配しかねません。
加えて彼らは、非常に感情を抑え込む傾向があり、感情をなかなか表そうとせず、自分自身についても語ろうとしません。
山羊座の人の健康障害は多くがストレスに起因していますが、彼らはこれについて語り合うことに抵抗を示す可能性があり、うまく彼らを助けようとするなら、かなり辛抱強くそして巧みに働きかけなければなりません。
彼らは身体的問題を無視しがちで、平然とした顔で頑張ってしまったり、ある種スパルタ的な態度をとることさえあります。ですから彼らには、自分自身を甘やかしてあげる勇気が必要なのです。

そのような彼らに役立つオイルは、温める効果があり、弱く痛みのある関節を強壮にしてくれる太陽または木星のオイルですが、さらに火星のオイルもこれに加えることができるでしょう。
バーチは、土星に属する数少ないオイルのひとつですが、鎮痛作用と消炎作用があるので、関節痛にはこのオイルを選ぶのも良いでしょう。
また彼らはほぼ間違いなく、シダーウッドや山羊座の象徴的オイルであるヴェティバーなど深い香りのオイルを好むはずです。

(抜粋)
『アロマセラピー占星術』−射手座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

射手座もまだ書いていないので、『パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術』から少しご紹介します。
射手座の人々は探究心が旺盛で、夢中になりやすい性格ですが、牡羊座の人が新しい分野を開拓する一方、射手座の人は物事を明らかにし、全体を把握することにエネルギーを注ぎます。
また彼らはしばしば、自分の習得したことを自ら人に伝えたいと熱心に思うため、多くの射手座の人が教師になるのです。

真実こそ、射手座の人が非常に大切にしていることです。
それは個人的な事柄であれ、彼らが執筆活動、講演活動、教育の仕事であれ同様です。

仕事を離れた場において、彼らは通常社交的で、純粋に他人への関心を抱き、開放的で、のびのびとしていて、楽観的です。会話することが大好きで、特にそれが哲学や形而上学的な話題になるとなおさらですが、これは一方的になりかねません。

親しい関係においても、彼らは真実を何よりも重視します。
パートナーの方に少しでも偽りの兆しが見られたら、ほぼ間違いなくその関係は終わりを迎えるでしょう。

マージョラムやナツメグなどの木星のオイルは心地よい温かさをもたらしますが、射手座が本当に疲れきっているときに限ります。
ジンジャー、パイン、ブラックペッパーなどの火星のオイルは、より効果的でしょう。
ただ彼らの情熱が過剰になりすぎて神経過敏や不眠症になってしまった場合には、ときには沈静させるオイルを選ぶ必要があるかもしれません。そのような場合は、木星や高次の精神とつながりを持つローズウッドを選ぶと素敵です。

ブラックペッパーは、射手座の情熱的な性格を表しています。シャキッとした刺激的な香りには率直さがあり、射手座の人の一途さや真実を愛する心を、我々に思い起こさせます。これは射手の矢のように‘的に命中する’オイルなのです。その‘的’は、凝って痛みのある筋肉である場合、疲れた心である場合など様々ですが。

(抜粋)
『アロマセラピー占星術』−天秤座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

天秤座はまだご紹介していなかったので、少しだけ引用させて頂きますね。

正義、公正さ、そしてバランスというものは、実際天秤座にとって非常に重要です。彼らは論争する人たち両方の立場に目を留め、他の人の考え方を理解しようとし、全ての状況を重んじ、また全ての争いを解決しようとします。天秤座は、十二宮のまとめ役であり、調整者なのです。

天秤座は一番‘社交的な’宮で、パートナーシップのハウス、第7ハウスと関係があります。ですから天秤座の人たちの美を見極める性質が、美しい物だけに留まらないというのは驚くことではありません。彼らは美しい人々を見出す目を持ち、そしてほとんどの場合、彼ら自身が美しい人たちなのです。もし身体的に美しくなくても、一生のうちに出会える最高に魅力的な人々であることは間違いありません!

ローズやゼラニウム、イランイランなど、天秤座の高級な嗜好に訴えかけるオイルがその期待に応えてくれるでしょう。また消化器系の問題には、アンジェリカ、カルダモンそしてシナモンが消化を助け、フェンネルは毒素排出や利尿に優れた効果を現します。腰の痛みには、その人が疲労困憊している場合、私ならばマージョラムやローズマリーなど温める作用と鎮痛作用を持つオイルを使用することでしょう。
なお、天秤座の象徴的オイルは、ゼラニウム。そしてもう1つ、パルマローザだそうです。両方とも、ローズに似た素敵な香りですよね。

今日の記事を書いていたら、浅田真央選手のことが頭に浮かんできたので調べてみると、彼女は天秤座でした。
まさに、最高に魅力的な美しい方ですね。
『アロマセラピー占星術』−蟹座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

今月は早めに、『アロマセラピー占星術』から蟹座について少しご紹介します。

彼らは通常とても情緒的であるにも関わらず自分の感情を表現するのが苦手で、文字通り蟹のように自分の‘殻’に閉じこもります。
しかし、そのように殻の中にいながらも、彼らはとても傷つきやすいのです。
この‘殻’は、蟹座の人々が安らかに暮らすために、外界からの圧倒されるような感情の波から自分を切り離すためになくてはならないものです。

もし子供の頃に大事に育てられた体験が得られないと、その心の痛みは大人になってからもずっと残ってしまいます。
そうなった場合、蟹座の人たちは自分のパートナーに、‘母親’としての役割を果たすよう期待するかもしれません。

感情的には、蟹座の人は気分の揺れを強く味わいやすく、極端な場合には妄想症になる場合もあるでしょう。

蟹座の人はたいてい、太陽の支配するオイルから最も恩恵を受けるのです。温め甘く包み込む性質のあるベンゾインや、ベルガモット、オレンジ、タンジェリンなど太陽のように明るいシトラス系のオイルは全て、蟹座を水に湿った深みから引き上げるのに役立ちます。

ブルーカモミールの性質は全て、蟹座の特徴と共通点を持っています。
このオイルは何にも増して‘育む’オイルなのです。
つまり心を落ち着かせ、沈静化し、非常に幼い子供にも使えるほど穏やかで、幼児期の病気の多くに適しているのです。
蟹座が胃腸と関連があることを思い出せば、胃腸の痙攣や大腸炎、胃炎、下痢などの症状は、原因がストレスや不安にある場合になおさら、カモミールによって軽減されるということが理解できるでしょう。
(抜粋)
いかがでしょうか。
ベルガモット、オレンジなら、価格的にも手に入れやすいですし、多くの人に好かれる香りでもあるので使いやすいかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。
『アロマセラピー占星術』−双子座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

なんだか、『アロマセラピー占星術』専用ブログのようになっていますが、移転が完了したらブログ以外にも滞っているものを解消させたいと思っています。

あと1ヶ月以内には移転できそうなのですが、新しい環境を作ろうと思うと、思っていた以上に、沢山のエネルギーが必要でした。

風の通り方、光の入り方、アトリエや保存庫の位置、照明の使い方、湿度などなど、より良くしようと考え始めると色々こだわりが出てきましたが、ようやく形になってきました。

この数ヶ月間、肝心の石けん作りや、セールの実施、メールマガジン発行などが滞ってしまい、お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、移転が完了したら、まっしぐらに商品を充実させて、お客様に喜んで頂けるようなお店づくりに勤しみたいと思っております。

随分時間がかかっていますが、どうぞ今後もよろしくお願いします。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、双子座のアロマセラピー占星術を少しご紹介します。

双子座は明らかに、コミュニケーションと理解のある惑星である水星と親和性を持っています。
俊敏で、多才、探究心が強く、社交的で話し好き、IQが平均以上であったり、また往々にして話術や文筆にも長けています。

双子座の人がアロマテラピーによる助けを求めるとすれば、あまりに多くのことをしすぎることからくる精神的ストレスが原因かもしれません。

双子座は肺と関わりを持っていますが、その一因は、この宮を支配し、人の肺を満たす‘風’の元素です。
双子座の人には特に幼少期、気管支炎や喘息にかかりやすく、また浅い呼吸をする傾向があり、これは緊張感やパニックさえ引き起こす可能性があります。

双子座の支配星である水星も、ラヴェンダーなど、エッセンシャルオイルを採取できる数多くの植物とつながりを持っており、それらの植物は全て、双子座の問題を扱うのに非常に役に立ちます。
双子座の特徴的オイルであるバジルは、肺の感染症や喘息の治療に役立ちますし、いつもは明朗な双子座の人がだるさを感じたりぼんやりしているとき、気持ちをシャキっとさせるのに役立ちます。

双子座の象徴的オイルは、これまでも見てきたようにバジルです。このオイルはとても心を刺激するという点で、この宮の非常に精神的な性質に似通っています。
(抜粋)
『アロマセラピー占星術』−牡牛座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

時が過ぎる速さに驚く毎日…。
すっかり遅くなってしまいましたが、牡牛座を少しご紹介させてください。

牡牛座の人々は、物質的所有物であれ、才能や能力といった無形資産であれ、資産や貯蓄といったものに対して鋭い識別力を持つと同時に、食べ物やワイン、そしてセックスなどの肉体的快楽すべてを好むのです。
牡牛座の人々は通常、とても優れた芸術的センスに恵まれます。

牡牛座の人たちは我慢強く、固い決心で、粘り強く仕事やプロジェクトに取り組み、完成を見届けるまで頑張ります。これと同じ性質が、人との関わり方でも見られます。彼らは人に対して忠実で誠実、一生に渡る友情を築き、結婚や人間関係を維持するために多大な努力を続けます。
しかし行き過ぎた場合は、裏目にでることもあります。粘り強さが頑固さとなり、忠実は束縛となり、また牡牛座の人はしばしば、放っておくことが自分の利益になる場合でさえ、放っておけずに固執してしまうのです。

牡牛座は首と肩を支配しており、牡牛座の人にマッサージを施すと、たいていこれらの部分が固く凝って張っています。それは彼らが自分の心配をそこに溜め込みやすいからなのです。また喉の感染症にかかりやすく、甲状腺機能障害に陥ることもあります。

牡牛座の人が、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッド、イランイランなど金星に支配された贅沢なオイルを好むのは言うまでもありません。

牡牛座の象徴的なオイルはローズです。ローズは、最も高価なエッセンシャルオイルのひとつであることから、牡牛座が価値を鋭く見抜く人だということを思い出させます。
(抜粋)
ローズは確かに高価ですが、あの甘く優雅な香りは本当に素晴らしく魅力的です。
牡牛座の人は香りにも敏感な人が多いそうだから、きっと精油に惹かれ、香りをきき分ける人も多いのではないでしょうか。
『アロマセラピー占星術』−牡羊座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

3月21日から牡羊座に入っています。
発送の準備が一段落したところで、少し抜粋させていただきます。
牡羊座の人は、まず新しいことをしたがります。また、各種の分野において開拓者や指導者となったり、全く新しい分野を築き上げることも少なくありません。

(中略)

牡羊座の人々はたいてい精神面でも行動面でも決断力がありますが、何よりも、‘実行者’なのであり、活動的であることを妨げることは全て、牡羊座の人々を欲求不満にし、ときには落ち込ませます。牡羊座の人がアロマテラピーに助けを求める場合は、多くがこのような理由によるものです。牡羊座と親和性を持つ火星という惑星は、活力を沸き立たせる性質があり、このため牡羊座の人々は、限界まで−あるいは限界を超えて−力を出し切りますが、その結果疲れ果て、燃え尽きてしまいます。

この宮は頭部と関連があり、牡羊座の人は頭痛、偏頭痛、カタル、副鼻腔炎など頭部に発症する病気にかかりやすいでしょう。しかし幸いなことに、これらの病気は全て、アロマテラピーの効果が現れやすいものです。

(中略)

牡羊座と関係の深い惑星は、炎の惑星ですから、牡羊座の人々は体力が消耗しているときは、火星の植物に頼るとよいでしょう。持ち前の活力を取り戻すことができます。火星の植物は、ブラックペッパーやジンジャーなど典型的な‘火’の植物です。

反対に、もし牡羊座の人がいらいらしてストレスが溜まり欲求不満になったときは、金星と親和性のある鎮静効果のあるオイルの方が適しているでしょう。究極の金星のオイルはローズですが、ゼラニウムも2番目にあげることができます。
炎の性質を持つ火星の影響で、牡羊座の人々は熱や炎症に冒されやすく、これらを冷やして鎮めるには、月と関係があるマモミールやメリッサなどのオイルがとても有効です。

また、牡羊座の人をしばしば悩ませるうつの症状には、炎の火星のオイルより太陽のオイルが効くということがわかりました。太陽のオイルは、火の要素をより穏やかな形でもたらすからです。昔から太陽は樹脂を支配するものとして考えられてきましたが、実際ベンゾイン、フランキンセンス、ミルラなどの樹脂は、沈静や瞑想を促す効果に加え、温める特性があるのです。ベルガモットやオレンジなどの‘ハッピーなオイル’も太陽に属しており、究極の抗うつ剤となります。
とても参考になる箇所が多くて、今月は長くなってしまいましたが、興味深い記述ではないかと思います。
『アロマセラピー占星術』−魚座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

2月20日から魚座に入っています。
遅くなりましたが、今月も抜粋して少しだけご紹介させて頂きます。

捕らえどころがなく、非常に感情的で、気まぐれなときもあり、占星術の友達の言葉を借りれば、魚座は‘十二宮の中で最も涙もろい’のです。
多くの場合極めて直感的で、共感的で、思いやりがあり、他人の苦しみが我が事のように痛切に感じ、ときには自己犠牲さえ厭いません。
確かに、魚座の問題のひとつは、どこで‘自分’が終わり、どこから‘他人’が始まるのかを知るのが難しい場合があるのです。他人を通して自分の人生を生きるという傾向を持つ人もいます。

(中略)

プラス面としては、魚座と関係のある海王星は、偉大な理想主義やスピリチュアルな向上心、そして芸術的発想を深く刺激することができます。
しかしネガティブな面としては、魚座の人は自分をはぐらかしたり、二枚舌を使ったりします。

(中略)

魚座はリンパ系と関係していて、水分の停滞などの問題が可能性もあります。この場合、ローズマリーとゼラニウムのエッセンシャルオイルを同じ割合で稀釈したオイルでリンパドレナージュを行うと非常に効果的ですし、代わりにバーチとセロリの組み合わせも良いでしょう。

(中略)

トラブルを抱えた魚座の人は、精神的な温かさを必要としており、これらのオイルはそれを与えることができるのです。ベルガモット、ジャスミン、フランキンセンスが思い浮かびますが、魚座の象徴的オイルであるメリッサも良いでしょう。

デリケートな魚座は落ち込みやすく、自分自身を慰め、癒しを必要とします。抗うつ剤として、メリッサは最高の地位を占めています―とも紹介されていました。
『アロマセラピー占星術』−水瓶座
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術
パトリシア デーヴィス

1月21日から水瓶座に入りましたね。
今月も、パトリシア・デーヴィスの『アロマセラピー占星術』から、少し引用させて頂きます。
この宮に生まれた人は、変わり者であったり反逆児であったりしますが、いわゆる天才ということなのでしょう。‘上の空の教授’という例えがぴったりで、つまり頭脳明晰であっても、日常の実用的な事柄には全く対処することができないといったタイプの人が、水瓶座の典型といえます。

(中略)

彼らはきまりきった仕事を嫌い、多様性を提供してくれる非慣習的な環境で働いたり、独立自営で働く方がずっと幸せだと感じます。

水瓶座の人の多くは社会的改革者ですが、彼らの革命的理念は多くの場合、理念として留まってしまいます。彼らはバリケードに突入するよりは、住居や身体障害や精神衛生についての論文を書くほうを選ぶからです。

(中略)

身体的には、水瓶座は下肢、特に足首やその部分の血液循環とつながりがあります。ですからこの部分の問題に気をつけてください。

もし水瓶座の人の力になろうとするなら、エッセンシャルオイルの化学的性質や蒸留の工程、ブレンドの理論を説明することで、彼らの関心をひきつけても良いでしょう。きっと興味を抱くに違いありません。

また深く、グラウンディングするオイル、そして土星と関わりのあるオイルは、やや‘宙に浮いたような’水瓶座の人々を、自分自身の肉体に結びつけるのに役立ちます。
ヴェティバーを選ぶととても良いと思いますが、循環器系の強壮作用があるサイプレスも素晴らしく、静脈瘤にお勧めです。

また、水瓶座の象徴的オイルはネロリです。
このオイルは精神面でも肉体面でも助けになってくれるそうなので、精神面を重視しがちな水瓶座に、とてもお勧めできるオイルかも知れません。
『アロマセラピー占星術』−蠍座
先月はお休みしてしまいましたが、今月の蠍座について少し引用させていただきます。
彼らはマッサージよりもアロマバスを好む傾向があります。というのもアロマバスは、彼らの要素である水に関わっているだけでなく、蠍座がとても大事にするプライバシーというものを妨げないからです。

疲れ果てた蠍座の人には、パイン、ジンジャー、ブラックペッパーなど、刺激し温める作用のある火星のオイルが有効です。
太陽のオイルも役に立つかもしれません。ローズマリーは応急の手当てとして使えますし、気分の落ち込みが見られる場合はジャスミンやベルガモットも良いでしょう。

蠍座の人はこれを参考にアロマバスをのんびりと楽しんでみるのもいいかもしれません。
蠍座を助けたいという人は、比較的多くの人に愛されるベルガモットをプレゼントするのもいいかもしれませんね。

ただし、蠍座の象徴的オイルはパチュリです。これについてはショップページにも書いてありますが、
パチューリはいくつかの点において蠍座の性質に似ています。まず初めに、その深い香において。パチューリはアロマテラピーの中で最も“深い”ベースノートオイルのひとつです。
次に、蠍座は、生殖器と関連性があるという事実においても、性に深く結びついているのですが、催淫の特性はこのことを思い起こさせてくれるのです。
パトリシア・デーヴィス 『アロマセラピー占星術』

とのこと。パチュリはややウッディな印象のあるエキゾチックな香りで、美容効果も豊富な精油です。

私はもともとアロマやハーブが好きでこの本を手にしたのですが、アロマもハーブも占星術も、ほかに、色や石や音や味なども、どんどん繋がってくるから面白い。勉強し始めると終わりがありません。